【コスメイベント】Dr.ブロナーさんのリップバーム作りワークショップに参加しました!

Lipbalm Workshop of Dr.Bronner’s.

ドクターブロナーのリップバーム

先日、仕事を早めに上がって
こちらのイベントに参加させて頂きました!

銀座ロフトで開催された、
カリフォルニア発のオーガニックコスメブランド・Dr.Bronner’s(ドクターブロナー)の
リップバームを手作りするというワークショップです。

ロフトのアプリから事前に予約していきましたが
参加費がたったの500円で、ロフトポイント200ポイント、
手作りしたリップバーム2本とお土産(写真2枚目)までいただけて、
しかも今まで知らなかったブロナーの歴史までたくさん教えていただき、
大変充実した時間でした!所要時間はちなみに、20分くらいでした。

席に着くとこんな感じでキットが準備されていました

◾︎Dr.Bronner’s(ドクターブロナー)の歴史とラベルの意味

ご存知の方ももしかしたら多いかもしれませんが、
ドクターブロナーのこの独特のパッケージ(文字がびっしり書いてあります)は、実は創設者エマニュエル・ブロナー自身の哲学が書かれていたんですね。

彼自身はドイツの生まれですが、21歳でアメリカに渡ります。
その後ナチスの台頭で、ドイツに残っていた彼の両親はアウシュビッツなど収容所送りにされてしまいます。彼は石鹸を作り、人々に配りながら、世界平和と差別のない世界を説き始めるんですね。
彼自身の思想を製品に託した、という感じでしょうか。
私はこのストーリーを知らなかったので、大変びっくりしました。
詳細は公式HPからも読むことができますので、興味のある方はぜひ!
160年間、5世代にも渡って石鹸を作り続けているんですね。すごい。

◾︎ワークショップの内容

さて話は戻りますが、
今回のワークショップの参加者は全部で10人くらいでした。
人は一生の間に平均して5-6本はリップを食べちゃっているんだって…
メイク好きの方は、もっとかもしれないですね笑
安心な原材料でできたものを選ばないとなぁと、改めて思いました。

リップの材料はキャリアオイルとミツロウ、と至ってシンプルです。
参加者の方々で、材料を入れて溶かしていきます。
温まったリップバームの素を、ゆっくりリップケースに入れていきます。

ビーズワックス(ミツロウ)を溶かします
水面張力で結構ギリギリまで入れます

乾くまではわずか2-3分程度。
その間に好きな色のペンを選んで、本体に貼るラベルを作成します。
私は自分の名前を描きました!笑

蓋をしたらラベルを貼って、完成!

◾︎イベントを終えて

以前にも自分でリップバーム作成は何度もしているのですが、
安心安全な材料で作成していて、使い心地は最高です❗️
ひと塗りでツヤッツヤ❗️保湿力が半端じゃないんですっっ(‘◉⌓◉’)✨

そして何より、手作りはやっぱり愛着が湧きますね💕
1つは自分用、1つは母にプレゼントしました🎁💚
最後に、作成したリップ2本とは別にさらにお土産までいただけて、本当に楽しくて嬉しい、満足度の高いワークショップでした💖

Dr.Bronner’sさん、ロフトさん、
素敵なイベントを企画していただき、ありがとうございました❗️

お土産にミニマジックソープと、エコバッグ💖

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。